私が小学生の時

地元では有名な進学塾に通わせてもらっていました。

私が本を好きになったのは

間違いなく、そこでの国語の授業のおかげだったと思います。

兎に角沢山の文学に触れる授業で

芥川龍之介。川端康成。夏目漱石・・・・

今でも夏目漱石の「夢十夜」は覚えています。

あと山本有三の「路傍の石」これを1年かけて一冊読み進めながら

主人公「吾一の」心の機微を問題に出して答えるというもので

今にして思えば「本物の国語」の授業を小学生のうちに受ける機会がありました(恵まれていました!)。

「本物の授業」というのは色あせずずっと残るもので

私が塾を始める際に気になっていたので、色々調べていたら

この一つの物語を題材に授業を進めるスタイルは

あの日本一の学校「灘」が行っているというのを知りました。

そして当時私を教えていた先生は「灘」出身!だったのでした!

 

私もずっと心に残るような、本が好きになるような授業がしてみたい。

そう思うようになり、

「国語」の個人レッスンを始めました。

小学4年生の男の子なので

あさのあつこ作「バッテリー」を1年かけて一緒に読み進めています。

昨日は音読をしてもらいました。

音読は大事ですね。

小学校の国語の宿題になっているようですが、

毎日でもやらせるべきです。

文をどこで区切るか、漢字を読めるか、言葉の意味を知らないと途端に棒読みになって

言葉の意味の重要性を一番体感出来たり「国語力」を鍛えるには一番手軽でオススメですよ。

彼は野球をしているので感情移入もしやすいようです。

きっと一生忘れられない国語の授業になるでしょう。

 

 

 

 

 

国語の基本は『言葉』

『言葉』の意味がたくさん頭に入っていると

面白いほど文章がスラスラ読めて

問題もスラスラ解けるようになります。

 

松田塾では辞書を使った意味調べを

大切にします。

辞書調べが習慣化する仕組みが用意されています。

 

個人的には

小学生から取り組むと

バキバキに力がついて

間違いなく勉強が得意になりますよ!