コロナウイルスによる全国一斉休校で
学校の存在意義を改めて考え直す機会が増えたと思います。

一番の存在意義は
学校とは託児所というものではないでしょうか。

朝から塾を開けて昼までの3時間に塾の時間を変えたのは
暇を持て余す子供を預かろうという思いからで、保護者様にも非常に喜ばれました。

学校って本当は何の為にあるのでしょうか?

もったいぶっても仕方ないので動画の中身をまとめたいと思います。

現在の義務教育とは産業革命以後に発展したシステムです。

産業革命以前は教育は親が全て自分の子供に自分の仕事を継がせるために
教えていたそうです。いわば親が師匠でした。

しかし産業革命以後、親に教育を受けた子供が社会に出たときに
不具合が生じます。

産業革命後一気に工業が発展して会社などの組織が形成されます。
親が一番尊敬の対象となっている子供たちは組織に管理者に対して
全くいうことが聞けなかったのですね、

そこでまず、子供を親から引き離して政府が管理する手法として
義務教育が生まれたのです。

つまり工業社会に順応するための裏カリキュラムだったのです。
時間を守ること
命令に従順であること
反復作業を嫌がらない事

そう思うと学校は良く出来ていますね!

しかしながら工業社会はもう昔の話でもうこのカリキュラムも見直すべき
タイミングが来ているんですね。

今回の全国一斉休校で時代遅れのシステムが見直されて

子供にとってストレスの少ない教育が見直されることを
心から望みます。

最後に動画の最後に評価経済社会の話になります。
これからの時代は評価経済社会であると岡田さんは随分前から提言されています。

約束を守ること
質問にこたえること
自分や他人に正直なこと

SNSや5Gなどでどんどん個人がさらされる時代になって
嘘がつけない時代になるのは間違いなさそうですね

 

 

 

 

いよいよ最終回となりました。

最後は蓮君が更に飛躍するためのお話です。

みなさんお気づきかと思いますが
蓮君ってすごいでしょ?

こんな素敵な中学生がいるんですよ
(新学期からは高校生)

彼を見てるだけで癒されます。

どんどんSNSを通じて世に出て欲しいなと思っています。

 

そう、高校生になったら絶対にやるべきことは
「SNSで発信すること」です。
色々あるのでどれがいいとかはないのですが、
発信することです。

見る側では絶対にダメです。それならSNSやめた方がいいです。
自分の時間が奪われるだけです。

発信することで
将来絶対に役に立つ勉強が出来ます。

フォロワーをたくさん獲得してお金に変えることも出来ますが

それよりも本当の自分をさらして
より自分を高みに導いてくれる出会いの可能性に
期待が持てます。

蓮君の場合
絶対に応援したい人って出てくると思うんですよね

みなさん

蓮君絶対にすごくなりますよ!
今のうちにフォロワーになって
彼の大飛躍一緒に見守りましょう!

蓮君のインスタアカウント
https://instagram.com/umeki71?igshid=18ml2vrlsh0ma

 

蓮君!

高校合格おめでとう!
新しいスタート!

人生最高に楽しんでください!

動画協力してくれて
ありがとうございました!!!!!!!

今回は親への
蓮君の思いが熱く語られます。
横で聞いていて胸が熱くなりました。

そして後輩に向けて
蓮君の金言が「松田さんの言うことを聞いて」でした。

しかしこれが本当に難しいのです。
私の指示通りに学習をなかなか進めてくれないのです。
それが計算外で、相当焦りました。

私との信頼関係がなかったからというわけではなくて
蓮君の場合、性格上の優しさが仇(あだ)となります。

学校の先生のアドバイスを聞かなければならない。
親を安心させるために目先のテストの点数を拾おうとしたり、
まわりを気にしすぎる性格からくるものでした。

蓮君に限らず、ほとんどの中学生がそういう成果を上げにくい
マインドを持っていることを知りました。

私の指示通りやってくれれば絶対に結果が出るのは間違いありません
それは自信があります。(すんなり受け入れる生徒はもちろんいます)
しかしながら、大切なことは本人に舵を握らせることです。

多少ぶつかっても、座礁しかけても自分の力で
目的地まで航海させることが
一番将来的に本人にとって大切な資産になると確信しています。

私は必ず目的地までたどり着けると信じて
彼らの横で見守ってやることが教育者として一番大切だと考えています。

最後に、タイトルの答え合わせです

私は蓮君をはじめ松田塾に1年以上通ってくれた生徒には
見えない資産を持たせたと自負しています。

それは「年間約1000時間勉強した」という実績です。
これさえあれば将来結構いろんなことを頑張れるはずなんです。

東大合格者の高校3年間の平均勉強時間が2,800~3,000時間と言われています。
これってその気になれば決して手が届かない数字ではないんです。
東大であろうがなんであろうが挑戦できることが大事なんです!

「頑張ればなんとかなるというメンタルさえ身につければ絶対大丈夫!」なんです。
それを担保するものは他でもなく1,000時間勉強した実績なんです。

人生で年間1,000時間勉強した人間としたことない人間とでは
絶対に選択肢の幅が違ってくるはずです

1,000時間出来るまで私が見守ります、どんくさくても大丈夫です!

というわけで
最終的に「量」が大事という結論で
締めくくりたいと思います。

 

次回最終回
蓮君の将来について
お話ししたいと思います

 

つづく